スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

帰省の洗礼(その3)

yun_17702.jpg

せっかくの機会だから観光しながら行こうと話したのは、夏の終わりの両家食事会のころだった。
行きたいところをリストアップしといて~と若い二人に言ってはみたものの、わたしのわがままを言わせてもらうなら、お色直しをした姫路城を見たい。白いうちに。

当初二男から伝え聞いたRちゃんの希望は出雲大社で、そこは故郷よりかなり向こうだなぁと悩んでいたら、息子の勘違いで伊勢神宮だったそうな。

「い」しか合ってないじゃん。←わたしのDNAだと思われる

ということで、立ち寄り先は伊勢の神宮と姫路城に決定。
ならば初日は姫路の近くに宿泊してゆるゆる参ろう。

と決めたのは出発前日の夜のこと。
幸いにもちょうど二部屋だけ空いているホテルがあったので予約を入れた。
ネットは便利だね。

Rちゃんは伊勢には学生時代の部活で訪れたことがあるという。
うちらも初めてでないことは覚えているんだが、はて、前に来たのはいつだったかな。
式年遷宮の前だったことは確かだけど・・・。

なにしろ前回のわたしはコンディションが良くなかった。
そこが目的で出かけたわけじゃなく、相方の思い付きで立ち寄った気がする。
すでに疲れていたわたしは、お伊勢様は初めてだったから行くことにしたけど、名物の「赤福」くらいしか知らなかった。
内宮・外宮ってなに?伊勢神宮って大学みたいなのねと意味不明な感想を持ちつつ
広い境内に半ば後悔しながら、それでも正宮の前に立った時には鳥肌が立つ思いだった。
それでエネルギー使い果たして参道の散策もせず駐車場に直行して帰ったんだけどね。

なので今回は参道のお店もチェックするのだ!
伊勢うどんを食すのだ!

と息巻いて、テンション挙げてがんばった。
早朝4時に息子宅へ寄り二人を乗せて出発。
天気も車の流れも良好で駐車場へもNO渋滞で入れた。
トイレに行ってる間に渋滞が始まったからちょうどいいタイミングだったね。
こいつぁ幸先よいです。神様ありがとう!

お参りしたあとお守りをいただき、宇治橋へ戻るころには日も高くなり温かみが差してきた。
先ほど門前にできていた行列は、鳥居の正面から上る朝日を撮影したい参拝者だと守衛さんが教えてくれた。
うちらは20分も待っちゃいられないので日の出はパスして進んだが、相方が何度も「初日の出だ。霊験あらたかだ」と騒いでいたのが恥ずかしい。
今日は12月29日。これが初日の出だとしたら、どんだけ暗黒の一年だったのか。

鳥居の前から参道へ進むもまだ9時前、伊勢うどんが食べられる店の開店まであと数分なので、道ぶらして待つことにした。
朝ごはんは伊勢うどんに決めたのだ。

野良ネコやら看板ネコやら、ネコを見つけるたびにRちゃんは写真を撮る。
風景写真より多いくらいだと息子が笑う。
ネコ好きさんなんだね~。

赤福の店は開いていたので土産用と車中のおやつに買って、お伊勢参りは終了。
伊勢うどん? 話のネタに食べてみたけど、わたしゃやっぱりうどんは讃岐だわ。
でも「しょうがや」は別格・・・(謎)
関連記事
カテゴリ: 家族のはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。