長生きもほどほどに

animal-72186-400x270-MM-100.jpg
多くの共感は得られないと思うが、わたしは自分の実家もそれほど恋しくはない。
家は弟が建て替えて思い出はないし、そもそも母親が苦手だからだ。
向こうがどう思っているかは知らないが、わたしには天敵だ。
離れているからこそ仲たがいせずにやっていける関係だと思っている。

誤解を避けるために言い訳をするけど、決して仲が悪いわけではない。
でも仲がいいわけでもない。先にも書いた通り苦手なのだ。

産み育ててくれたことに感謝はしているが、子どものころの母はわたしにとって恐怖だった。
怒らせないようにいつも空気を読まなくてはならない、気疲れする人だった。
今はわたしもいい年になったので怒らせても怖くはないが面倒くさい。
母が私を育てられたのは、母性というよりも責任感だと思っている。
それも愛情のひとつだと言えなくもないかもしれないけど。

前置きが長くなったけど、要するに、母も年を取り老害に拍車がかかったと感じたのだ。
Gsanの毒は昔からのものなので今更だけど、人は誰しもそうなるのだな~と学ばせてもらった。
わたしも遅かれ早かれそうなるのだろう。
長生きもほどほどにしようと改めて心に誓う。

関連記事
カテゴリ: Gさんのはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する