○○スプレー

hanamizu.jpg
不覚にもわたしは年越しで風邪をひいてしまった。
もともと鼻水は寒暖差アレルギーを引きずっていたので、のどの痛みはエアコン暖房のせいだと思い込んでいたけど、どうやら風邪だと気付いたのはUターンするころ、咳と微熱に見舞われた。

となると感染元は、たまちゃん改め“たま姫”様だ。

大人たちの誰も気にしていないけど、わたしは改めて驚き、末っ子と顔を見合わせたことがある。
たま姫は現在5歳の後半。鼻をかむことができない。
誰かにティッシュをあてがってもらうのではなく、そもそも鼻をかむということを知らないようなのだ。

もしかしたら風邪かも~とUちゃんは言っていたけど、そのたま姫が、ときどき大きなくしゃみと共にお笑い芸人のごとく鼻水をぶちまけるのだ。
5歳の子どもが、くしゃみのときに手でふさぐどころか、手を汚したくないと言わんばかりに腕を広げたまま、あたりにくしゃみと鼻水をぶちまける。
マンガのようにタラ~ンと洟垂れた様子を見て周囲の大人たちは「ティッシューーー!」と悲鳴をあげる。
で、近くにいる大人がふき取ってやるのだが、当の姫様はなされるまま。
ティッシュを受け取って自分でふき取るわけではく、鼻の中に残った鼻水を出し切ろうともしないから、またしばらくすると噴射する。
それを食卓でもやるものだから、わたしたちはもれなく、たま姫の鼻水スプレーのかかったおせち料理をいただいたことになる。
そのおせち料理を2~3日つついたもんね。
きたねぇな~。勘弁してよ~。

で、鼻水と一緒に風邪もいただいたんじゃないかと思う次第。
ウイルスもらっても体力があれば負けないだろうけど、あの家にいては無理な相談だからね。
でもさー、そろそろ鼻のかみ方くらい覚えようよ。

「お正月だからキレイな服をきたの♪よごしちゃいけないの♪」

なんて言ってたくせに、自分の鼻水でビッチャー!だよ~。

関連記事
カテゴリ: 家族のはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する