小さな親切で発覚したこと

01_201310211304391ca.jpg
トイレの壁に設置してあるリモコンの、電池交換マークが赤く点灯していた。
気付いたものの用が済んだらすっかり忘れたのがわたしだが、相方はきっちり電池を交換していた。
Gsanから命令が下らないのも珍しいことだが、この人も相変わらず実家に来ると「いい人」スイッチが入るのね。

その後トイレを使ったGsanから苦情が出た。

おくさんによると電池マークは何カ月も前から出ていたが、あえて放置していたのだという。
Uちゃん、Kちゃんに至ってはそもそも気づいていなかった由、月に一度は帰省してるのにね。

で、電池を交換して何が気に入らないのかと聞くと、用を足した後に便器の蓋を閉めるのだが、トイレから出るときにまた開いてしまう。
それが電池が弱って開くまで時間がかかり、ちょうどよくなってたのに、またすぐに開くようになったからトイレから出るのに慌てるではないかと。

ん?お宅のトイレ、自動開閉蓋だよね?自動開きっぱなし蓋じゃないよね?

どうやらGsanはトイレを使った後、勝手に開いた便器の蓋を手動で閉めて出ていたみたい。
そもそもなんのためにリモコンがあるのかと聞いてきた。
お尻洗浄のスイッチは便座にあるのでリモコンは不要だと。

まぁリモコン使わないなら電池なんか抜いてていいと思うけど、問題の自動開閉なんかの設定はリモコンを通してするんじゃないのかな。
ところで便器の蓋が勝手に開くのは自動開閉がオンにしてあるからで、いやならオフにすればいいし、そもそも自動なんだから放っておけば勝手に閉まるでしょ。
それを手動で閉めたりするから退室する時にセンサーが反応してまた開くんじゃん。
そこで開いちゃうと今度は便座から人が立ち上がる反応がないから開きっぱなしよ。

てなことを説明すると、おくさんまで声をそろえて「ほんまかな~」と半信半疑。

えーーー!? あんたら宝の持ち腐れ。
便器から立った後、蓋が閉まるまで待ってるといい。

ということで、その後めでたく「お前らの言うとおりじゃった」とのお言葉をいただいた。

前から温水洗浄便座だったので、自動開閉機能が欲しくて新しくしたのかと思っていたのに、その機能を理解していなかったということ?
まぁいいや、正しい使い方がわかってもらえてよかったよ。

関連記事
カテゴリ: Gさんのはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する