スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

母娘愛

oyako.jpg
もともとこのブログは、Gsanの強烈な個性にダメージを受ける自分を慰めるために始めたものだった。
でも近頃はGsanもご老体で笑える話ばかりではなくなってきたし、勢いがなくなってきた。
その代わりに頭角を現してきたのがUちゃん&たま姫母娘だ。

特にたま姫がこの先どんな成長をしていくのか興味深い、というか、気がかり。
Uちゃんの子育てを見ていて心配になることがいろいろあるけど、手出し口出ししにくいしな~。
義妹だし、逆切れされたことあるし、そもそも自分の子育てどうなのよ。

それはわたしの母も心配していた。(大きなお世話ともいう)
先月、二男の結婚式で、わたしの母とたま姫は初対面した。
で、この休暇中ちょっとだけ実家に寄ったわたしと末っ子を、相方と一緒に迎えに来たときに再会した。

母は自分も娘を一人授かったが、若いころは姪っ子2人の子守りをすることも多く、内孫も娘が2人で、女の子の成長を知っている。
その母がたま姫を見て「あの子はちょっと心配ねぇ」とつぶやいた。
あんたもそう思うかね。珍しく意見が一致したね。

Uちゃんは孤軍奮闘、ワーキングマザーをよく頑張っている。
頑張りすぎて棘が出る。
なにより母子密着が濃厚すぎる。

Uちゃん自身が末っ子で過保護に育ち(生前の義母は「過保護が自慢なの」と言っていた)昔はその甘えぶりに驚いたものだが、Uちゃん&たま姫母娘の密着ぶりはそれを凌駕する。
否、もしかしたらUちゃんも幼いころはあぁだったのかな。
とにかく淡白なわたしには背筋がおぞける母娘愛なのだ。

関連記事
カテゴリ: 家族のはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。