FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

鬱の原因

70374195.jpg

最近体調がいいと機嫌のよいGsanから電話があったとき、ちょっとだけ気になることはあった。
それを口にすると、わたしが相方から返り討ちに合うので放っておいた。
細かいことは気づかない方が平和なのだ、わが家では。
わたしは、おばあさんが他界してから落ち込んでいたおくさんの気分が、少し上向きになったと安心したかった。

しかしやっぱりここには書いちゃうよ。

Gsanはご多分に漏れず、インドア派の老人によくある負のスパイラル、歩かない→足腰がやせ細る→歩けないという状況に陥っている。

数年前に胸椎を圧迫骨折したときは、ついに寝たきりか?と心配したものの、なんとか杖がいらないところまで回復して見直したものだが、この1~2年外出時は4点支持の杖が手放せない。
家の中でも壁を伝って移動する始末だ。

そのGsanが早朝ウォーキングを続けて歩けるようになったというのは朗報だ。
毎日早朝に車で小一時間もかかる海辺(夏は海水浴場になる)へ出かけ、砂浜を歩いていると。

誰が早朝から車を出してつきあってくれてるの?

おくさんだよね。

ウォーキングなんて近所でやればいい。
近所が嫌なら、おくさんが買い物をしている間に隣の緑花公園で歩けばいい。
なのにわざわざ朝の忙しい時におくさんに負担をかけて、感謝もなく悦に入っているGsan。
(砂浜を歩くのがいいということらしい)

それだけが原因ではないかもしれないけど、案の定、おくさんはまた鬱の状態に入った。
食欲がなく食べ物がのどを通らないという。
食べないから力が出ず、何をする気力もわかず「死にそう」なんだという。

おくさんが台所に立てないとGsanも共倒れになるから、すぐにヘルプの電話をよこす。
娘や息子に。

ちょっと前ならGsanも近所のスーパーに総菜を買いに行くくらいのことはしていた。
食器を洗ったりご飯を炊くくらいのことはできていた。
今のGsanは口だけは達者だが、その他のあらゆることができない。

関連記事
カテゴリ: Gさんのはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。