FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

Gsanの入院ふたたび

275-hospital-illustration.jpg
息子を見送るために駅へ向かっていた日曜日、Gsanから相方に電話が来た。

要件は以下の通り。
体調が悪くて病院に来た。
胆のう炎の疑いありと言われたが、今日は日曜で専門医が不在なため検査は週明けで、しばらく入院が必要とのこと。
しかし最近おくさんは具合が悪くて付き添いができない。
(おくさんは躁と鬱を繰り返すようになっている)
UちゃんにもKちゃんにも電話したけど繋がらない。

「どら娘もどら息子も電話に出ねぇんじゃ」

だから相方からUちゃんとKちゃんに連絡して、どうしたらいいか決まったら連絡せぃ。
とのお達しだった。

どうしたらいいかって・・・。
自分がしたいようにすればいい、ってか、するしかないのでは?

声の調子だと緊急を要する感じではない。
本人は3日ほど前から痛みを感じて、ようやく今日医者に来たのだという。

なぜ週末にかかるのがわかっていたのに平日に医者に行かなかったんだろう。
何日も我慢した挙句、結局週明けまで待たされるなど無駄な苦痛ではないか。

ともかくGsanの言い分では医者の説明も伝わってこないし、検査の書類にサインも必要。
地元のUちゃんに頼めないなら、最後の切り札、わたしの実家に相談してみるか。

本音を言えばわたしは実家を巻き込みたくない。
Gsanの持ち駒にされるのが嫌だし、実家に借りを作りたくないのだが、命に係わるとなればしょうがない。なんたってその病院は実家から徒歩圏内だ。

そういえばGsanはひとりでどうやって病院へ行ったんだろう。
バス停にして3つ、降りたところから1キロ弱、いまのGsanが歩いたとは思えない。
まさかのタクシー?! ま、そこはいいか。

で、恐れながらと母に連絡すると母は外出中だった。
他の家族には頼めないので無理を言って帰宅してもらい、様子を見てきてもらった。
母は奉仕と正義の人。こういうことを頼まれると断れないことを娘は知っている。
ごめんよ~使い立てして。

そんなやりとりの中、息子は無事に旅立ち、おくさんや相方のきょうだい達とも連絡がついた。
完全看護だから付き添いは不要だし(そんなこと初めからわかってる。前にも入院したじゃん)母が病院で説明を聞いていたとき、おくさんもやってきて、書類などの手続きも完了して一件落着となったのだった。

一応は。
関連記事
カテゴリ: Gさんのはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。