FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

検査入院すったもんだ

d90e9519a48b99ee34a7e35ad74b3f9b_t.jpeg
さて翌週、検査結果はどうだったか。
医師の診断は? 今後の医療方針は?

なんと、Gsanは検査を受けずに逃げ帰ったのだそうだ。
逃げ帰ったとは語弊があるが、周囲はそう言っている。
だから結局、血液検査の数値しかわからず診断がつかないままだ。
それすら入院中に投与された薬の影響がある。

Gsanは腹腔鏡を使った検査の説明を聞いたら怖気づいてしまい、検査を拒否。
入院費用ももったいないので退院してきたということらしい。
おくさんは病院から二度と来ないで下さいと言われたという。
書類にも処置を拒否して退院したと書かれていた。

Gsan本人は数日の処置の間に痛みは消えたらしく
「どこも悪いところがないのに、もう何日も
差額の高い個室に入院させられている」
などとわたしの母に愚痴ったという。

実はその退院の前の日。
職場のわたしに母から電話が来た。

相手の都合を考えないGsanとちがって、仕事中に電話などしてこない母からの電話で、なにごとかと心配したら、なんとGsanから直接母のところへヘルプの要請があったそうな。

あ~~~~あ。
だから嫌だったんだよ。
申し訳ないね~。

要件は、おくさんの容態がとても悪くて起き上がれないから、申し訳ないがお義母さん、電話するか家に行って様子を見てきてほしい。
ただし固定電話は解約して、今はそれぞれケータイで生活している。

母は家電は知っているけどおくさんの番号を知らないというと、
「あんたの娘が知っているから教えてもらってください」
というから、あんたにかけている。だそうな。

もちろんGsanのケータイの中におくさんの番号は入っている。
でも番号を呼び出す操作ができないとのたまったという。

Gsan、よくわたしの実家の番号を呼び出せたね。

わたしからおくさんに電話すればよかったのだが、仕事中だったのでつい母に甘えてしまった。
責任感の強い母は、その日も外出の予定を変更してバスで相方の実家へ出向き、2時間ほどおくさんの話し相手になってくれたそうだ。
それで少し気が楽になったと、おくさんは話していたのだが・・・。

後日談。

その日のおくさんの様子を母がGsanに報告したところ、
「それならもう病院に来れますなあ」

「いや、それはまだ荷が重いと思いますよ。もう少しゆっくりさせてあげた方がいいんじゃないですか」

「ぼくがお母さんにお願いしたわけは、○○(おくさん)が病院にこれるかどうかを確かめてほしかったからなんです」

Gsanの人柄は知らなくもない母だが、これには絶句したそうな。

母もわたしも、おくさんが倒れてるとか寝込んでるとか、彼女の身体を心配していたんだとばかり思っていた。
なのにGsanの本意は自分の用事のために起き上がれるかどうかを知りたかっただけなのだ。

おくさんはいま、ATMの操作も思い出せないから手元に現金がないことで不安になり、料理の手順もわからくなったと言って、そんな自分をまた気に病んでいる。
そんな状態で車の運転などとんでもないことだ。

でも結局、その翌日には退院してきちゃったんだよね、Gsan。
関連記事
カテゴリ: Gさんのはなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。